菱実会

菱実会の会則ページです

佐賀大学理工学部同窓会 菱実会 会則

(名 称)

第1条 

この会は、佐賀大学理工学部同窓会 菱実会と称する。

(組織及び会員)

第2条 

この会は、佐賀大学同窓会の下部組織とする。
2.佐賀大学理工学部の次の各号に定める会員をもって組織する。
 (1)正会員  理工学部及び大学院(理工学部関係)に入学した者(留学生含)
 (2)準会員  佐賀大学文理学部(理系)に入学した者
 (3)特別会員 理工学部及び大学院(理工学部関係)の在職教官並びに退職教官(常勤)
 (4)名誉会員 理事会が推挙する者
3.前項第1号に掲げる会員は、別表1に定める会費を理工学部同窓会に納入するものとする。
4.理工学部同窓会の運営についての議決権は正会員のみが有する。
5.本会の目的を推進するため、支部(または、班)を置くことができる。

第3条 

この会は、会員相互の親睦、知見の交換を図るとともに、後進の指導並びに佐賀大学の発展に寄与することを目的とする。

(事 業)

第4条 

この会は、次に掲げる事業を行う。
(1) 会報の発行
(2) 同窓会名簿の管理
(3) 卒業生並びに在学生に対する支援事業
(4)その他の事業

(役員の構成)

第5条 

この会に次の役員を置く。
(1) 会長(理事長兼)   1名
(2) 副会長(副理事長兼) 5名
(3) 理事         15名程度
(4) 監事         3名

(役員の任期)

第6条 

役員の任期は2年とする。ただし、役員が欠けた場合の補欠役員の任期は、前任者の残任期間とする。
2.役員の再任は妨げない。

(役員の選任)

第7条 

役員の選任は次のように行う。
(1) 会長(理事長兼)は、総会で選出する。
(2) 副会長(副理事長兼)は、会長が指名する。
(3) 理事及び監事は、総会で選出する。

(顧 問)

第8条 

顧問を置くことができる。

(役員の任務)

第9条 

会長は、会務を総理する。
2.副会長は、会長を補佐する。
3.理事長は、会務を執行する。
4.副理事長は、理事長を補佐する。
5.理事は、理事長と一体になって会務を執行する。
6.監事は、会計並びに会務を監査する。

(総 会)

第10条 

総会は、最高の決議機関であって、次の事項は総会に付議しなければならない。
 (1)会則の改正
 (2) その他重要事項
2.総会は、毎年1回、会長がこれを召集する。
3.議長は、総会のつど正会員より選出する。
4.総会の議事は、出席者の過半数でこれを決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

(理事会)

第11条 

理事会は理事長が招集し、理事長、副理事長及び理事をもって構成する。
2.理事会は事業計画及びその他の会務を審議し、業務を執行する。

(学生会)

第12条 

佐賀大学理工学部に在籍する、学部生及び大学院生のなかから、各学科、各学年で、各2名の学生幹事を選出する。
2.学生幹事は、同窓会が在学生に対して行う支援事業の遂行に協力する。

(会 計)

第13条 

この会の経費は、会費、入会金、臨時会費及び寄付金をもってこれにあてる。
2.金額、徴収方法等は別表1に定める。
3.この会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日をもって終わる。

(事務所)

第14条 

この会の事務所は、佐賀大学内に置く。

附則
 1.第7条の役員の選任において、別表2に定める各グループより、少なくとも1名は選出する。
 2.この会則は1999年8月28日から施行する。
 3.この会則は2003年8月10日から施行する。
 4.この会則は2006年6月10日から施行する。
 5.この会則は2009年8月29日から施行する。
 6.この会則は2011年4月 1日から施行する。
 7.この会則は2016年4月 1日から施行する。
 8.この会則は2017年9月 2日から施行する。

 別表1

入会金5,000円(内3,000円は同窓会館維持費)
会費(毎年)2,000円
・同窓会費は佐賀大学同窓会が徴収する。
・入学時には10年分の会費(20,000円)を前納するものとする。
・会費を30年間納めれば、以後の会費は免除される。
・一旦納入した会費は、事由の如何にかかわらず返還しない。

 別表2

グループ学 部大学院(修士課程)
1)数物系数学科
物理学科
情報科学科
数理科学科
物理科学科
知能情報システム
数学専攻
物理学専攻
情報科専攻
物理科学専攻
数理科学専攻
知能情報システム学専攻
2)化学系化学科
工業化学科
機能物質化学科
化学専攻
工業化学専攻
機能物質化学専攻
循環物質工学専攻
循環物質化学専攻
3)機械系機械工学科
生産機械工学科
機械システム工学科
機械工学専攻
生産機械工学専攻
機械システム工学専攻
4)電気系電気工学科
電子工学科
電気電子工学科
電気工学専攻
電子工学専攻
電気電子工学専攻
5)都市系土木工学科
建設工学科
都市工学科
土木工学専攻
建設工学専攻
都市工学専攻

 但し、博士後期課程等の大学院生は、上記の関係するグループのいずれかに所属する